古代魚ポリプテルスエンドリケリー(^^)

古代魚の魅力を!

リプテルスの魅力を!

エンドリケリーの魅力を!


古代魚好き、ポリプテルス好き、エンドリケリー好きの方集まれ〜!

飼育して早3年のわが家の古代魚ポリプテルスエンドリケリーのエンドくんの成長過程とポリプテルスの飼育についての紹介です!

幼き日及び現在のポリプテルスエンドリケリーのエンドくん
chibi.jpg deka.jpg


古代魚ってカッコいいと思いませんか?(笑)

私は古代魚が大好きです。
今はポリプテルスエンドリケリーを飼育していますが、いずれはアロワナやガーなどの古代魚も
飼育しようかと考えています。
(水槽を置くスペースがないので将来的な話ですが・・・)

ポリプテルスエンドリケリーはとても魅力のある古代魚です。
重厚なボディに恐竜のような背びれ♪

基本的に古代魚が大好きで、その中でポリプテルスを飼育しようと
思ったのは、基本的に丈夫魚で飼育が容易という理由でした。

はじめは90cm水槽を購入して、デルへジィを
飼育しようと考えていたのですが
友人に120cmの水槽を貰って
エンドリケリーを飼おうと思ったのです☆

ポリプテルスエンドリケリーを飼育して3年程度ですが
とてもよく慣ついていますし、とても元気でカワイイヤツです♪
こんな素敵な古代魚、ポリプテルスエンドリケリーを
今から飼育したいと思っている方やエンドリケリーが大好きな方は
いつでも気軽にコメント入れてくださいね〜☆

ポリプテルス エンドリケリーの良型をゲット!>>>

いつもお得な格安で器具・用具・餌を買ってます♪>>>
posted by NETneo at 20:32 | Comment(11) | TrackBack(0) | トップページ

古代魚!ポリプテルスとは!?

ポリプテルスは約200年前に
ナポレオンのエジプト遠征時に発見されました。

「鱗はガーパイクの様に硬質で
 肺魚の様に肺呼吸をし
 シーラカンスの様な重厚な胸ビレを持つ」


以上の様に、古代魚の特徴を全て持ち合わせた

「古代魚の中の古代魚」

これがポリプテルスなのです。

ちなみに中国での呼び名は

「恐竜王」

である。
カッコよくない?(^^;)

ポリプテルスのエンドリケリーは
数多くの亜種を持つポリプテルスの中で
とても人気のある種類です♪
posted by NETneo at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | トップページ

ウチのポリプテルスエンドリケリーの飼育環境

■水槽は120cm×45cm×45cm(水槽のいい画像が無く…)
 ポリプテルス・エンドリケリーのエンドくんのみ単独飼育

ポリプテルスエンドリケリー-1



■メインフィルターは
 パワーフィルター2機の吸込口にスポンジを装着。
 炉材はパワーハウスで弱酸性をキープ。

ポリプテルスエンドリケリー-2


エアレーション強化を兼ねてテトラのスポンジフィルターも。
上部フィルターはなし。
物理濾過は基本的に水換え時に。


■流木を数個入れて、敷砂ガーネットサンド。
 赤みを出したければバックスクリーンは黒でガーネットサンド、
 蛍光灯は赤みを帯びた水草育成用がベスト!(と聞いたので^^;)

ポリプテルスエンドリケリー-3


餌は生餌で金魚とドジョウ、人口飼料はクリルとアロワナフード。
なんでもよく食べる(^^;)

こんなカンジですね〜♪

エンドリケリーはやっぱり赤くなって欲しくないですか?
基本的に周りの色に近くなるので
エンドリケリーには、ガーネットサンドがいいですよ♪

ウチのエンドリケリーは単独飼育ですが
混泳もいいですね。でもポリプテルスと混泳する魚は気をつけましょう!

ポリプテルスエンドリケリーの基本飼育

shoukai-endori.jpg
ポリプテルス・エンドリケリー

平均体長:50cmくらい。60cmを超す固体もあり

性質: 荒い

特徴:重厚なボディと太い横帯が特徴で個体差が激しく、
    ポリプテルスの中でも非常に人気が高い種類。
    ショートボディなど改良種も多々あり、
    オソロシイ値段で取引されている…

混泳:同種は可能。他種との混泳は、基本的に
    口に入らない大きさの魚なら可能だが、
    思わぬ大きさの魚を飲み込む事も…
    アロワナとは相性が良い。
    プレコやコリドラスなどは飲み込んでノドに詰まらせて
    相殺という事もあるので、避けるべき。

飼育:容易。水槽は90cm以上が必要。
    できれば120cm以上が好ましい。
    フィルタは上部フィルタ1本でも飼育可能だが
    汚れがひどければ外部式のサブフィルターを。
    水質は弱酸性の方が発色がよくなる。
    餌は、生餌・牛ハツ・人口飼料なんでもよく食べる。
posted by NETneo at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | トップページ

ポリプテルス購入時の注意点

ポリプテルスは非常に丈夫な魚です。
普通の飼育下ではほとんど病気もしないでしょう。

ですので、一番の注意点は「購入時」ですね。

飼育にも慣れて、繁殖を狙いたくなったり
混泳させたくなった時の「ワイルド固体」を購入する時です。

かの有名な

「マクロギロダクティルス・ポリプティ」

という寄生虫がついている可能性が高いのです。


最近ではショップでトリートメントはできているはずですが
ワイルド固体購入の時はよく確認しましょう。

ワイルド固体購入時は、別水槽で

「グリーンFゴールド」

で2週間ほど薬浴させて本水槽に入れる方が
安全でしょう。

薬浴中は3日に1度くらいに水替えをしましょう。

本来飼育していた魚に
寄生虫がついてしまうのを避けるために
これらの前処置は必ずしましょうね(^^)
posted by NETneo at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | トップページ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。